コピー機のリースはこれを購入して自社の設備にする場合に比べ様々なメリットを得ることができるものとなっていますが、実際にはそのサービスの内容はリースの契約や会社によって異なるため、十分に内容を確認することが重要となります。単純にコピー機を貸し出し、そのメンテナンスや部品の交換等の費用は別途発生する事も多いので、この点を契約前に十分に確認しなければなりません。実際にはメンテナンス費用や部品の交換等の費用が非常に高額となることも多いため、思わぬ出費となってしまうケースも多いので注意が必要です。また一般的にコピー機のリースの場合には、消耗品の費用も別途となることが多いものです。

用紙やトナーのほか、印刷をするためのドラムなども交換部品となっていることがあり、この場合にはメンテナンスの対象から除外されていることがあるのでその分の費用も発生することがあります。しかしリースの契約によってはメンテナンスの費用が含まれていたり、一定量の消耗品が無償で供給されると言うこともあるため、事前にその内容を確認することが大切です。また最近ではその費用をコピーする枚数によって決めると言う従量課金制の方式を採用している例もあり、この場合には印刷をするほど料金が高額となる仕組みとなっているため、その料金体系も十分に確認した上で契約を行うことが重要なポイントとなっています。契約前に料金体系や実際の購入時との金額の比較などをしっかりと行うことで、効果的に費用を削減できるコピー機のリースを利用できるようになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です