コピー機はリースではなく購入すると、新品だと100万円以上する物も多く、初めて導入する会社も費用面で悩むものです。そのため殆どの企業は借りることが多く、1ヶ月の平均相場は10、000円台が一番多くて、その次に20、000円ぐらいの利用料金を支払ってます。そのため利用してる企業の多くは10、000円~30、000円で借りて使っているようです。コピー機のリース料金は機器の性能で決まり、中でも印刷速度はA4サイズで1分間にどれくらい枚数が印刷できるか、機種のスペックが高いかで変わってきます。

1分間で最大10枚印刷できる複合機なら機種のスペックも低いので、料金は安くなります。選ぶときには、会社や部署でどれくらいの枚数を印刷するかの「月間印刷枚数」を想定することが大事です。1分間に最大に刷れる枚数が多いほどスペックも高くなり、料金も高額になります。リースでコピー機を使うとき、カウンター方式もありこれは保守方式の一つで印刷した枚数だけ使用料金がかかり一部として加算されます。

使用料金にはトナー代・修理費・出張費・部品代・定期メンテナンス代など保守も含まれてます。多く印刷するほうが使用料も高くなるので、コピー機のリース代もあがります。さらにカラー・モノクロでもカウンター料金は違い、業者のカウンター料金設定でも異なりますが、基本的にカラー印刷の方が十円単位でモノクロだと1円単位です。カラー印刷が多いほど金額も上がり、利用用途にあわせてモノクロだけ出来る機種を選ぶのも一つの削減方法です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です