Skip to content

コピー機の導入するときレンタルがいい場合とは

会社にコピー機をすぐに導入したいけれど、購入するお金がない場合は、レンタルを検討することになります。レンタルの他にリースという方法もありますが、リースは導入する際に審査があります。そのため、すぐに使いたくても審査が通るまで待たなくてはなりません。その点、レンタルは使いたいときにすぐ契約できる特徴があるため、明日にでもすぐ使いたい場合に向いています。

また最短で1日から借りられるため、特設会場などで短期間使用したいときも向いているでしょう。しかし、レンタルは機種が選べないうえに中古の場合がほとんどなので、使い勝手が良くない場合があります。なぜなら、レンタル会社があらかじめ購入してあるコピー機を貸し出すシステムになっているからです。そういう理由から、メンテナンス費用が高めに設定されていて、月額料金が高額なケースもあります。

また初期費用もかかるため、短期間にすぐ使用したい場合に検討する借り方です。リースは先進機能を搭載した最新機種を初期費用もなく、安価な料金で借りられることが良い点です。リースの場合、借りる側が選んだ機種のコピー機を販売している企業から購入し、納める仕組みになっているからです。しかし、導入には審査が必要ですぐにコピー機を使うことができません。

また最低3年以上契約しないといけないため、短期間使用したいときは向かないでしょう。このようなことを参考に、自分が借りる期間を想定して上手にコピー機を導入しましょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *