Skip to content

コピー機をリースするメリットとデメリット

コピー機をリースするメリットとしては、「毎月支払う費用を経費扱いにできる」ということがまず挙げられます。購入する場合と違ってコピー機の所有権はリース業者側にあるため、固定資産税の支払いや減価償却の手続きといった事務処理をする必要がありません。次に挙げられるメリットは、「初期費用が0円で済む」ということです。そのため、購入やレンタルで発生するはずの費用を、別のことに回すことも可能でしょう。

それに費用面でいうと、「レンタルをする場合よりも1カ月あたりの費用を安く抑えられる」ということも大きなメリットです。また他にも、レンタルと違って、「最新機種のコピー機を導入できる」ということもメリットだと言えます。一方でデメリットとしては、「途中で解約できない」ということが挙げられます。リースの契約期間は3年~6年という長期間になりますが、途中で利用をやめたとしても、契約期間中の残りの費用を支払う必要が出てくるのです。

そのため、契約期間中は確実に使用するという前提の上で契約する必要があると言えるでしょう。その他のデメリットとしては、「審査に通らないと利用できない」ということが挙げられます。リースは長期間使うことになるため、審査が必須になっており、その会社の財務状況が悪いと審査に通らないケースもあります。ですので、もし審査にパスできなかった場合は、特に審査を設けていないレンタルの利用を検討する必要が出てくるでしょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *