オフィス機器というのは、現在は殆どがレンタルであるということを多くの方は知っているでしょう。しかし、未だにそのようなレンタルの機器を使用していない会社もありますし、一部のオフィス機器だけレンタルを利用していたりと様々です。しかし、多くのオフィス機器は、リース会社とのリース契約で導入する方が、お互いにメリットが多いのです。例えば、リースが一番多いのがコピー機です。

コピー機だけでなく、多くのオフィス機器は、年々進化しているので、数年経過すれば新しい機能を持っているものが登場します。そうすると、例えばコピー機の場合には、インクの使用料やコピーをするスピードが速かったり、その他にも作業効率がアップしているものです。もしもリースでない場合には、その新しい機能を持っているコピー機を使用することが出来ないだけでなく、インクの使用やコピーするスピードの遅いものをいつまでも使用しなければなりませんし、何より長年使い続けていれば、故障も多くなるので修理代金も掛かってきてしまいます。メーカー側も、あまりに古い機器の場合には、修理部品が無くなってしまっていたり、直せる技術者が居なかったりというデメリットがあるのです。

ですからオフィス機器のレンタルというのは、双方にとって非常に大きなメリットがあると言えるでしょう。もしもまだコピー機等のオフィス機器をレンタルしていないのであれば、すぐにでもリース契約をすることをおすすめ致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です