Skip to content

コピー機をリースした方がいいのはどんな時

コピー機を購入しようとして、見積りをしてもらうと結構な金額に驚くのではないでしょうか。ケースによっては購入よりリースの方が良いことがあります。それでは、どんな時が最適なケースと言えるのでしょうか。コピー機をリース契約する際、審査が必要となりますので、審査に時間を要してしまうことが考えられます。

そのため、急に必要になった時には、希望通りに調達できない可能性があることを覚えておきましょう。最も大きなメリットの一つに、初期費用がかからないことがあげられます。余程の使用枚数の増加がない限り、月額料金は固定されることが多いのも特徴です。よって、多額の資金が必要になる局面がなく、費用面が導入の妨げになることは少ないと言えます。

また、経理業務においても月額料金を経費扱いで処理できます。このことは、原価償却や固定資産税などの処理が不要になることを意味します。コピー機に関する費用も把握しやすいです。ただしリースの場合、基本的には中途解約ができません。

それでも中途解約を行おうとすると、残債分を一括で支払う必要があり、時期によっては多額の資金が必要となるので注意が必要です。これらのことから、契約年数程度の期間だけ使用するケースが最適であると言えます。それ以上の長期間の使用を考えると、購入した方が安くなることがあります。使用年数を考え、目先の費用にばかりとらわれず、トータル料金でどちらが良いかを判断することも大切です。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *