Skip to content

コピー機をリースで用意する強み

コピー機は事務処理を行うときには欠かせない機器として多くのオフィスで使われているものですが、一方でその種類は多様であり必要最低限の機能のあるものからより高機能なものまで選択肢は豊富です。しかし導入するためには費用が発生し、費用対効果によって機種を選定しなければなりません。低価格のものであれば一括して購入するというのも手段ですが、コピー機の中には30万円以上するようなものも珍しくなくこれらを一括で購入するというのは出費が多くなるだけでなく税務上の処理も面倒になってくるものです。そこでよく使われているのが、リースによってコピー機を導入する方法になります。

リースはリース会社が代わりに購入しそれを貸与するというもので、所有権はリース会社にあります。導入する側の資産とならないため費用はリース料という形で支払われるため経費として扱われるメリットがあるものです。また多くの場合にはメンテナンスのオプションがついておりそれらをつけることによってコピー機が必要とするインクやトナーなどの消耗品の補充が行われますし、定期的なメンテナンスによって故障リスクを下げるということができます。それと契約期間が満了すればコピー機は引き上げてくれるので、処分する手間もありません。

デメリットとしては購入するよりも割高になることや途中で解約すると違約金が取られるということが挙げられますが、メンテナンス費用や処分にかかる手間を考えればメリットが上回る方法です。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *