Skip to content

カレンダー印刷の用紙の選び方

カレンダー印刷は企業や、商品、または人物、絵画や写真などの芸術を表現し、また一年間飾られるという貴重なものです。そのカレンダー印刷において、用紙の選び方は非常に重要になってきます。一口に用紙と言っても、各企業が厚いもの薄いもの、光沢のあるものマットなもの、質感のあるもの、色のついた用紙など、かなり様々なものが存在しています。選択肢が多いと言ってしまえばそれまでですが、その選び方は慎重でなければなりません。

なぜなら先述のとおり、カレンダー印刷は一年間ユーザーの方に見て頂けるという貴重な表現方法であるからです。その機会を用紙の選択ミスで不意にすることは全くもったいのないことです。そこで用紙選び方ですが、光沢のある用紙は写真やイラストが表現される、光沢のない用紙はコーティングがされていないので、書き込みの際にインクを弾かない、この2点に絞って考えることが重要です。今回印刷されるテーマ、目的が写真やイラストの綺麗に表現したいということであれば、光沢のある用紙を選びましょう。

この用紙は印刷の際にインクが沈まずに鮮やかな仕上がりを可能とします。しかしデメリットとしては、ペンなどのインクをはじいてしまうのでスケジュールを書き込むには不向きです。また、今回の目的がビジネス用途で、社名や商品などの簡単なものが印刷されていればよい、ということであれば光沢のないものがよいでしょう。こちらの用紙は印刷の仕上がりは光沢のあるものに比べて劣りますが、インクをはじかずに書き込むことができるので、スケジュール管理の面で重宝されるカレンダーになることができます。

このように、用紙の選び方一つでそのカレンダーの性格が決まると言っても過言ではありません。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *