Skip to content

カレンダー印刷は製本方法が決めて

カレンダー印刷は製本方法が決めてになります。それには、卓上タイプにするか、壁掛けタイプにするかで分かれます。卓上タイプは机に置くタイプとして、個人用のものとして主に使われ、喜ばれます。また、壁掛けタイプは会社や家庭など、多くの人数の人が見る用途として主に使用されます。

最近では卓上タイプの方がビジネスユースしては多く制作されます。壁掛けタイプに比べ、形状や製本方法などが、多く選べて表現方法が多彩だからです。例えば、製本では鉄製のリングなのか、プラスチックなのか、またリングそのものに色をつけるのか、など。またリングには生分解性といい鉄製やプラスチック製のものよりもエコに優れた商品などもあり、会社の方向性としてエコを意識しているということを強調したい場合などに好まれます。

また、リングなどで止めないで、一枚一枚バラバラの紙を丁合いして、ケースにセットするタイプもあります。ケースには厚いプラスチックや薄いものまで、また紙製のものもあるので、様々にバラエティに富んだものがあります。壁掛けの場合にも、リングや鉄製のもの、または紙製の留め具など、様々ありますが、卓上に比べるとその形状の範囲は狭いと言わざるを得ません。企業の性格やカレンダー印刷でアピールしたい商品やサービスなどがある場合は卓上タイプの方が表現がバラエティに富んでいると言えるでしょう。

制作すれぱほぼ一年間、見られることになるカレンダー印刷の形状は、慎重に選びましょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *