コピー機のレンタルサービスは法人であるのとないのとに関係なく手軽に利用でき、しかも本体が中古品であるため、場合によってはかなり低額でコピー機本体を導入することが可能になります。しかし、注意しなければならないことがいくつかあります。最も気を付けなければならないのは、あまりに低価格の中古品を導入しないことです。中古品コピー機の価格は、マシン本体の製造年や使用状況、機械の状態などによって決められます。

つまり、低価格であればあるほど製造年が古く、累計使用枚数が多く、機械の状況があまり良くない傾向があるのは明らかです。このようなレンタル品を導入した場合、業務効率が大きく低下したり、故障のトラブルに見舞われる可能性が高まります。特に、1ヶ月以上の比較的長期間で使用する場合、低価格品を導入することは避けなければなりません。長期間利用する場合は、販売時の価格が20万円から30万円程度の安定した性能を誇る中古品をレンタル品として紹介してもらうよう、心がけましょう。

さらに注意しておきたい点として、カウンター料金や搬入搬出費をしっかり把握することが挙げられます。これらの費用はレンタル時の基本料金とは別途に発生するもので、カウンター料金は印刷枚数が増えれば増えるほど高くなりますし、搬入搬出費は設置時と撤去時に発生する運送コストです。これらの料金が予想外に高く、後になって後悔するようなことが無いよう、事前に確認することが求められます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です