Skip to content

コピー機のリースについて教えて下さい

会社にコピー機は必須の機械ですが、メンテナンス代の事等を考えるとリース会社にお願いするという選択肢が挙がって来ます。コピー機のレンタルとリースの違いが、分かり難いという声も多いですが簡単に言えば「リースは一定期間のコピー機の貸し出しであり、レンタルは通常契約でのコピー機の貸し出し」という事で考えておけば齟齬は無いです。レンタルの時の様に、1日単位の契約で借りる事を考えると事務所が仮事務所の様な場合は良いかもしれませんが、やはり長期間になってしまうなら経費が結構掛かってしまうデメリットがあります。加えて、レンタルの場合は最新機種ではなくて予め決められていた中古品が回ってくる事が多く、日進月歩している現代のIT事情に対応し切れない場合も少なくありません。

単純に書類を複製するだけではなくて、端末に保存してあるデーターをプリントアウトしたいというケースであったり、多様化している事情に対応し切れないのであれば色々マズイ事も多いです。ですが、リースの場合でしたら審査がある事であったり、導入までの速度が少し長い事や途中解約が不可というデメリットこそありますが、新型機種を使わせてもらえますし、レンタルであった心配のほとんどをカバーする事が出来ます。初期費用もレンタルの時と違い、掛からない事が多いですし、保守点検の料金もレンタルの時と比べて格段に安いです。勿論、それぞれの会社の事情によって、どっちが良いかは一概に言えない部分も多いですが、最低でも10年単位の仕事を見込むのであればリースをお願いした方が高いメリットが見込めます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *