Skip to content

コピー機をリースする際のメリットとデメリット

コピー機のリース契約とは、機器自体を購入するのではなく一定の期間、料金を支払って借りる契約のことです。特にビジネスにおいては一部の契約書類など重要文書をのぞいてレスペーパー化が進み、常時、コピー機が必要ではないためこのようなリース契約が有効な場合があります。リース契約でコピー機を借りるメリットとしては、初期費用をかけずに導入できるということが挙げられます。購入するとなると、それほど稼働率の高くない機器に多額の代金を支払うことになります。

比較的長期間の契約となるため、月額に換算した場合の費用が安くなるというのも利点です。費用に関連した事柄としては、費用は経費として計上出来て月々の料金は固定されているために運用コストが明確で把握しやすいということも挙げられます。所有権が貸出元の会社にあるというのも、リース契約のメリットです。これは、もしコピー機を購入すると計上しなければならない減価償却や固定資産税が発生しないからです。

また、導入時に最新の機種を指定することが出来るのも大きな利点です。メリットの多い契約ですが、注意すべき点もあります。それは、比較的長期間におよぶ契約を途中で解約できないことです。同様に長期間の支払いになることから、契約にあたっては貸出元会社からの審査にパスしなければならない点もデメリットといえるかもしれません。

コピー機の導入に際しては、こうした長所と短所をよく理解し、事業に適した契約を検討することが重要です。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *