年末が近づく頃になると印刷会社ではカレンダー印刷が活気づいてきます。その中には店頭で販売される商品としてのカレンダー印刷も少なくありませんが、実際には無償で配布する目的で作成されるカレンダー印刷が少なくない方存在しているのです。そのようなカレンダーの発注元は様々な業種の一般企業であると言われています。一般企業がカレンダー印刷を行うのは、まさに宣伝目的であるといえます。

自分の会社の社名やサービスの名称等をカレンダーに印刷し、それを無償で配布することにより宣伝効果を狙うのが一般企業におけるカレンダーの役割です。年末の挨拶等でカレンダーを配布されると多くの場合喜ばれます。実際に使われるかどうかはデザイン次第と言う問題もありますが、日本における年末の挨拶回りの際の手土産としては最適な存在であるといえます。このような目的で使用するカレンダーの多くは壁掛けカレンダーです。

紙面が非常に大きく目立つ存在であるため広告効果が大きいのが特徴です。しかしながら需要に対して供給が多くなりすぎるケースが多いため、最近では実際に使ってもらえる可能性の高い卓上カレンダーの印刷に力を注いでいる企業もあります。いずれにしてもカレンダー印刷の目的は企業名あるいはサービス名称の知名度を上げるための宣伝効果を狙ったものなのです。カレンダーは1年間使用するものですので、実際に採用されれば1年間はその場所で宣伝広告を行ってくれる非常に優良な広告媒体として認識されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です