年末の挨拶回りに欠かせない営業用アイテムと言えば、企業が作成する名入りカレンダーですね。すっかり定番化したアイテムではありますが、顧客にとっては実用性が高い消耗品、企業にとっては消費者が毎日目にすることで宣伝効果を発揮する可能性が高い広告媒体ということで、安定した需要を保っている数少ない紙媒体の印刷物であると言えます。さて、昔は地域の印刷業者に任せるのが当たり前だったカレンダー印刷ですが、近頃は通販で非常に安くカレンダー印刷を請け負う業者がたくさん出てきました。少部数対応、フルカラーオフセット印刷は当たり前、メジャーな壁掛けタイプから卓上タイプ、日めくり型のものまであらゆる仕様のものを選ぶことができ、しかも信じられないような低コストで作成できるというのですから、これを利用しない手はありません。

テンプレートも豊富、台紙も数種類から選ぶことができ、加工オプションも充実している通販のカレンダー印刷は、資金繰りに厳しくなる年末の企業にとって、必ずや強い味方になることでしょう。クリエイティブな趣味を持つ人の中には、個人でこういったカレンダー印刷を利用する方も見受けられるようになりました。大部数からの印刷しか受け付けてもらえなかった昔では想像もつかなかったことですが、少部数対応の業者が増えることによって、カレンダー印刷が企業だけのものではなく、個人の楽しみとしても新たな需要を生んだことは、印刷業界にとっても喜ばしい流れでしょうね。この年末は、自分だけのオリジナルカレンダーを作ってみるのも面白いかも知れません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です