自分でできる家系図の作り方

家系図は自分でも作ることができます。本格的にやると大規模な調査になってしまい、大変な時間と手間がかかりますが趣味として行うには最適な作業とも言えます。自分でできる家系図の作り方としては、戸籍調査というものが行えます。昔の戸籍は全国に散らばって保管されている戸籍を取得することから始めます。

父・祖父・曽祖父の戸籍とどんどん祖先を遡って請求していくことがポイントです。注意したいのが苗字を基本に遡っていきますが、注意したいのが父方のものであっても同じ苗字であるとは限らないという点です。先祖が養子であったというケースもあるため、その場合には養父の方の戸籍を請求します。また、曽祖母の婿養子になっていることもあります。

古い戸籍は遠方の役所に管理されているケースが多く、郵送で戸籍を請求することが必要です。取得できたら、読み込む作業に移ります。ある程度理解していないと、次が請求できないためこの作業を同時進行させていきます。戸籍からわかった先祖の情報を整理し、家系図を書きます。

家系図の作り方以外にも、文献を調べていくというのも良いとされいます。図書館や資料館などに文献があるため、それらを活用します。江戸時代の先祖のことがわかれば、どんな職業だったか程度のことは誰にでもわかります。作り方だけではなく、このような文献や先祖の職業のことを知ることによって自分のルーツをはっきりと意識することができるようになります。

家系図の作り方のことならこちら

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です