家系図の作成は家系調査会社に依頼ができる

家系図というものをご存知でしょうか。多くの方は一度は耳にされたことがあるでしょう。自分の先祖を知る手がかりになるもので、家族の全員の名前を記した記録となっています。これは江戸時代では、庶民から武士・公家に至るまで必ず記していたものであり、今活用されている戸籍謄本と同じ役割を担っていたものです。

この当時は家ごとに従事できる仕事が決まっており、先祖代々その業務を子孫が受け継いでいかなくてはいけませんでした。明治になってから家系図は撤廃されて戸籍謄本が新たに誕生します。昨今では自分のルーツを知りたいという方が増加傾向にあり、家系図を製作する方が多くなりました。この記録を作るためには、家系調査会社を頼る必要があります。

専門に業務を実施している会社が国内に数多くありますが、最近では家系調査は興信所が担当するのが大半です。個人情報を取り扱うため、興信所では必ず依頼者と契約を交わすのが基本です。家系調査に含まれる内容は、本人の戸籍から配偶者、お子さんさらには10親等までの親族の記録となっています。家系図を実際に目にされた方であればご存知でしょうが、親族一同の名前も記載をされているのが特徴です。

枝分かれをしたスタイルの様式にもなっており、どこまで調査をするのかは家系調査を依頼した際に相談をすることが大切です。一般的には5親等までのデータを記せば、大半の自身のルーツを知る手がかりを手に入れられます。家系図の家系調査のことならこちら

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です