自分のルーツを知ろう!本格的な家系図

人間は、ただ生活しているだけの存在ではありません。自分は何者なのか、なんのために生まれてきたか、何をなすべきかといった課題を自らに与えることで歴史を紡いできました。自分のルーツを知りたい方に注目を集めているのが、家系図作成です。中には自分で本格的な家系図を作ろうとする方もいますが、100年以上前の先祖や親戚、旦那寺であったお寺を探して文書などを確認する他、文献を調べたり、戸籍をさかのぼって親族関係を確認しなければなりません。

仕事の合間にこれらを行うことは極めて困難であり、仮にすべてがスムーズに行えたとしても完成までに数十年かかることでしょう。そんな家系図を本格的に作成してくれるのが、代行業者です。家計調査の専門家なのでスムーズに調査してくれるため、とても効率的です。なおかつ本格的な家系図であるため、正確性が高伊野も魅力でしょう。

一般的な日本人の場合だとルーツを持つ日本人の場合だと約150年から200年前、世代にして約4世代から5世代先まで遡ることができます。これは江戸時代に整備された旦那寺制度や明治以降の戸籍制度によるものであり、それらをたどっていくことで先祖について知ることができます。自分のルーツを知りたいな、家系図に関心があるのであれば自分で制作するよりも代行業者に依頼すればスムーズです。おおよその相場は約5万円からが多くなっており、調査対象の家系の数によって費用も違ってきます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です