本格的な家系図を作る

家系図とは文字通り、自分の親や祖父加えて曽祖父などと先祖をたどり図にした物をさします。ほとんどの人は曽祖父まではわかるはずです。しかしそれ以前の家族を知るのはかなり困難です。自分で地元の人に聞いてたどるしかありません。

高齢になっている場合がほとんどですから、個人で行うことは難航します。戸籍謄本や戸籍の附票などを参考にして、家系図を作っていきます。それにしても、なぜ家系図を欲しいと考えるのでしょうか。それは人間の自然な本能に起因します。

つまり自分のルーツを知りたいと考えるからです。どこから来て、どこに向かっていくのかを知りたいと願うのは自然なことです。時間の流れや歴史ロマンさえ感じることがあるでしょう。長い時の流れの中で、自分という存在があることを実感し生きていることへの感謝が生まれる場合もあります。

たった一枚の紙きれではありますが、家族や血縁というたぐいまれな絆を実感せずにはいられません。こちらの会社では本格的な家系図の製作をおこなっています。本格的というだけであって、確かな根拠に基づいています。一家の宝になるに違いありません。

本格的な家系図を作ることの意義は、自分の生き方を定めるのにも役に立ちます。先祖はすでに存在しなくなったとはいえ、自分がどんな生き方をするかは後代にまで残ります。よい評判を残すのは、将来の子孫のためにもなります。もちろん名前しか記されていませんが、後々まで記録されるからです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です