新たに家系図を作成する際に実施する現地調査の概要

日本はもちろんのこと、中国や韓国、フランスといった長い歴史を有する国々では必ずといって良いほど家系図というものが存在しています。昨今の日本では先祖代々受け継いできた家で、親族一同が共に暮らすということがなくなり、核家族化が進んでいます。この影響から、ご自身の家に伝わる系譜を見たことがないという方も多いことでしょう。これは現代の戸籍謄本と同じ機能を持っているため、原則としては本家の家長が所有をするものです。

新しく家系図を作成したい場合もありますが、その際の概要についてここで簡単に見ていくことにしましょう。家系図を作るためには、ご自身でおこなう方法と専門会社を頼る2パターンに分かれます。ご自身でなさる場合であっても正確性を保つためには、現地調査を実施しないといけません。内容としては出身地に赴いて、現地調査の基本となる出生地の記載と原本の確認です。

家系図で現地調査が必要な理由は、先述したように戸籍謄本と同様の機能を持つからです。どなたでもご存じでしょうが、日本人には同じ氏名の方がたくさん存在をしています。現地調査を怠った場合、異なった系譜の一族の家系図を作成する恐れがあります。それを避けるためにも、時間をかけて現地調査を実施しないといけません。

原本を見るのと同時に、あらかじめ役所でご自身の戸籍の書類も受け取っておくことも大切です。普段から親戚づきあいをされている方なら、口頭でも確認ができます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です