家系図の作り方にはバランスが必要です

家系図とはヒトの祖先や子孫や兄弟姉妹を記録したもので、家系内の特定の遺伝子パターンや疾患の遺伝を明らかにするために用いられるものです。作り方を知るのは普段の生活では必要ないのですが、自分のルーツを知るために家系図を作ることによって、人生が少しだけ豊かに感じられるのではないでしょうか。そして先祖のゆかりの場所を知ることができる、という発見もあり、この本籍地は、まさに自分のルーツへの意味が隠される場所となる筈です。またシニアの方だけが作るものと思われがちですが、実は若者やビジネスマンにとってもこの先を生きて行く上で、自分自身の人間力の向上や自己啓発のためにも、家系図を作ることは大変有効なのです。

この家系図の作り方ですが、系図の全体が一目瞭然、誰が見ても分かりやすいことが大切です。レイアウトはただ単に線でつながっていればいいのではなく、見やすく作ることが重要です。はじめに図紙の大きさを定めますが、大きさには規格があってあらかじめ系図に書き込む人数や文字数を考慮して、入れながら決めるのが良いです。それか大きさが最初から決まっていれば、それに合わせた配置をして行く方法もあります。

そして直系線の引き方にも注目ですが、直系線はまっすぐに揃えて左右の系列を明確にすることで、見るときに上下にまっすぐ視線が落ちるため、一瞬で見終える筋の通った印象になります。わかりやすくシンプルな構成にすれば、自然と美しくまとまったまるで美術品に近い趣きさえ出てきます。このように作り方ひとつで家系図の印象はかなり変わりますので、全体を見ながら最適なレイアウトを見つける、そんなセンスを磨く努力も必要なのです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です