家系図を調査してもらうこともできる

自分の過去を教えたくなることがあるかもしれませんが、この場合には自分の家系図を作ってみるのが良いかもしれません。必ずどの人にも先祖がおりこれは100%間違いない事実です。それ故、家系図を作ることにより新たなことがわかるかもしれません。また自分の家計に興味を持つ人も出てくるかもしれないわけです。

この家系図に関しては自分で制作することもできますが、調査をするのはなかなか大変です。調査をする場合には、まず自分が住んでいる市役所に行きそこから調査がスタートします。親の本籍地がそこならばそこで戸籍謄本をとってくるのが良いでしょう。しかもそこからさらにさかのぼることができますが、自分で調べることができるのは明治時代や江戸時代の終わりぐらいになります。

それ以降は、戸籍制度と呼ばれるものがなかったため情報が全くありません。ちなみに戸籍制度は明治時代にできていますが、当時江戸時代に生まれている人もそこに入っているため、一応江戸時代生まれの人も名前が掲載されていることになります。ではそれ以前の家系図を作りたい場合は一体どうしたら良いでしょうか。これに関しては、家系図を専門的に扱っているプロにお願いする必要があるわけです。

それ以上に関しては、檀家制度をとっていた日本において昔の所属していたお寺に行けば探すことができなくはありません。ただし、お寺が火災等で消失してしまった場合は檀家帳と呼ばれるものも消失している可能性があるため調べることができないかもしれないです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です