家系図作成でおこなわれる現地調査

家系図の制作をしている会社に依頼すれば、自分で家系のことを調べなくても簡単に家系図を作ることができます。こうした会社では主に、依頼者の先祖の戸籍に書かれた情報を調べて、家系図を制作しています。戸籍の請求なども会社が代わりにしてくれるので、自分で作るのが面倒な人にとっては非常に便利なサービスです。こうした会社では戸籍の調査以外の方法で必要な情報を調べていることもあります。

現地調査をして必要な情報を集めている会社もあり、こうした方法で情報を集めることには、戸籍調査にはないメリットがいくつかあります。より古い時代の情報を入手できる場合があることも、現地調査をおこなうメリットです。戸籍調査をすれば明治時代までの祖先の情報を調べることができますが、戸籍が作られていなかった江戸時代以前の情報を知ることはできません。明治時代以降の情報だけでも作ることは可能ですが、江戸時代以前の祖先の情報もあった方が、より詳しいものを作ることが可能になります。

そのためにおこなわれているのが現地調査です。江戸時代以前の祖先が生活していた地域を調査することにより、家系に関するさまざまな情報を入手できることがあります。現地を実際に調査することでわかることがあるのは、名字の由来に関する情報です。家の歴史にとって名字の由来は非常に重要な情報なので、それを調査によって知ることができることは、依頼者にとっても大きなメリットがあります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です