家系図の現地調査で成果が上がらない理由

家系図を作る際には本人の実家の地域における現地調査が行われることが多く、これによって様々な先祖の実態が浮かび上がってくることが多いものです。古くは実家には様々な情報が残されており、中には先祖代々の家系図が残されていることも多いため、これを確認することで簡単に現在の家系図を作成することができます。しかし中には、現地調査を行ってもその実態を掴むことができないと言う場合も少なくありません。その理由は実家が早くから先祖とは独立し、独自の系譜を作り上げている場合です。

特に昔の日本では家を継ぐのは長男であるとされ、それ以外は家を出て自分で新たな場所に世帯を持つことが多く、これによって先祖との関係がわからなくなってしまうと言うことも多いためです。現地調査では地域の周辺の人々から聞き取りを行い、地道にその系譜を遡りながら最終的な祖先にたどり着くようにすることが多くなっています。しかし離れた土地から移住してきた場合などはその系譜も途絶えてしまっていることも多く、この場合には最終的に本人の先祖はどこで活動をしていたのか追いかけ切れないと言うことも少なくありません。このような場合には入念な現地調査をしてもなかなかその情報が集まらないため、最終的には家系図を作ることができない結果に至ることもあります。

家系図は比較的簡単に作ることができると考えている人も多いのですが、特に一般の人の場合にはその系譜がわからなくなっていることも多いため、実際には非常に難しいものとなることも少なくありません。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です