戸籍調査は家系図を作るオーソドックスな方法

家系図を作成するとき、自ら作成するときの調べ方には菩提寺にある過去帳の観覧や墓碑の調査、そして戸籍調査の3つの方法があります。家系図は専門の会社に依頼する方法で行えば手間をかけずに作ることはできるけれども、自分でやりたいとなったときには3つの方法を選択する形になり、この3つのやり方の中でもオーソドックスな手法が戸籍謄本を請求して調べるやり方です。戸籍調査の場合は、江戸時代後期頃までの家系図なら調べることができますので、歴史的にあまり古いものにこだわらない人などこの手法で行えば完成度も高くなるのではないでしょうか。戸籍謄本は、その人が住んでいた地域を管轄している役所で入手することになるのですが、その場所まで出向くことなく郵送して貰うことができます。

各自治体から戸籍を取り寄せて、そこに記載してある情報を家系図に反映するといった作業を繰り返します。また、深堀りすることで戸籍調査で得た情報を文献調査に切り替えるやり方もあります。図書館に行くとルール探しに関する書籍を見ることができるのでそれを利用して深掘りするやり方もおすすめです。戸籍謄本の発行には費用が掛かるのですが、これは1通につき約450円前後です。

調査する範囲にもよるのですが一つの名字であれば5通から10通くらいになるので費用の目安としては2、000円から5、000円、家系が増えることで名字も増えて来るので戸籍謄本の取り寄せ費用はアップします。家系図の方法のことならこちら

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です