家系図を作成する手順について

自分のルーツや先祖について興味があり知りたいと思った際に、家系図の作成を検討したことがある人もいるでしょう。しかし何から始めたらいいのか、何世代も前の先祖をどのように調べたらいいのか難しく感じるかもしれません。家系図の作成には、自分で行う方法と専門家に依頼する場合がありますが、自分で作る場合はまず役所に行って戸籍謄本を取得する必要があります。遠方の場合は郵送で取り寄せることも可能です。

ただし本籍地と実際の居住地が異なっている場合がありますので、事前に確認しておくことスムーズに作業ができるでしょう。戸籍の情報が集められたら、その情報を整理してまとめていきます。自分の祖父母までは理解している人も多いですが、それ以上の世代となると認知していない可能性もありますので、周りの親族からも話を聞きつつ書き出していきます。自分の力で自由に作成してもいいですが、不安がある場合は便利なテンプレートや家系図専用の無料ソフトもありますので気軽に始めることができます。

専門家に依頼する場合ですが、一部の行政書士事務所にて家系図の作成を行っています。自分で作成する場合、古い戸籍だと読み方が難しかったり見慣れない漢字があった際に難しく感じてしまい途中で断念してしまうこともありますが、専門家の場合は正確に戸籍を取得し読み取りがしてもらえます。費用は家系図のボリュームによって異なりますが、確実に作業を進めたい場合は検討してみてはいかがでしょうか。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です