名字で家系図は作れる?

家系図を作りたいけど、先祖のことはほとんど知らないという場合があります。このようなときは、名字から先祖を探り当てることができるため、家系図作成会社に依頼してみることをおすすめします。約29万異常あるとされている日本の姓名は、その多くが明治時代の「平民苗字必称義務令」以降につけられているため、在留資格のある外国人や帰化した元外国人を除けば、明治時代まで遡ることができると考えられています。基本的には戸籍調査を通じて名字の変化を確認していきながら、家系図を作成していくことになります。

そのため、自分の現在の名字や両親や祖父母の名字を知っていれば、先祖がどんな人だったのかを知ることは十分にできます。家系図作成を自分で行う方も増えています。戸籍謄本を取り寄せて調査することで、両親や祖父母などの名字を知ることができるため、そこから歴史をたどれます。また本籍地を訪れたり、寺院や郷土資料館を訪ねることで自分のルーツを調べる方も少なくありません。

ただし調査するには相当の時間と根気がかかるため、専門業者を利用する方が多くなっています。先ほど触れたようにルーツを日本に持つ方だあれば、少なくとも120年ほど前までは家系図を作成できます。また明治以前から姓名を持つ方の場合であれば、人によって違いがあるものの200年から最長400年ほどまで遡ることもできます。ファミリーヒストリーを知りたい、形の残したいという方は専門業者に相談すると自分のルーツや歴史を残せます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です