家系図の作成は小額資金で行う

家系図を自分で作成したいと考える人が多いですが、家系図の作成にあたり、業者等も少なくありません。きれいなものを作りたい場合や、自分たちでは調べることができないレベルまで遡りたい場合には、プロの家系図作成の会社でお願いすると言うかもしれません。これに対して、特にそこまでこだわりがない場合などもあります。あまりこだわりがない場合には、そのようなことをせずに基本的には自分で行うことも充分できます。

現在の戸籍制度は、改正されながらも実は明治時代から使われているものになります。明治時代の中期ごろに出来上がったものになりますので、当時生きていた先祖たちの名前は戸籍に掲載されているはずです。その戸籍自体は、すでに生きている人の名前が掲載されているわけではないため、除籍謄本と言う形で掲載されているものになります。この除籍謄本をたどることで、自分の先祖を安定をさかのぼることができるわけです。

自分の父親から3台位前まで遡ることができるため、知らない名前の先祖なども出てくるかもしれません。また自分の3代上の人にはこれだけたくさんの姉妹がいたのかといったことを知ることができます。この場合、費用は10、000円位になりますが、現地に行く場合にはその交通費も考慮しなければいけないところです。結果的に、交通費に加えて取り寄せる費用が5000円から10、000円になるため、普通の会社に依頼するよりも10分の1位で済ませることができるでしょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です