家系図作成のメリット

近年、家系図作成に関心をもつ方が増加しているといいます。自分自身の先祖についてもっと知りたい、子孫に伝えたいと考える方が増えているのでしょう。また、正確な家系図を作成しておくことには、具体的なメリットもあります。相続手続きなどの必要が生じた際には、まず相続人を確定しなければなりません。

親族が遠方に住んでいる場合などは、戸籍の取り寄せといった手続きが必要となってきます。複数の戸籍を取り寄せる必要が生じた場合、相続人の確定までに数ヶ月かかることも珍しくありません。家系図を作成しておけば、相続人の確定にかかる時間を短縮することが可能です。相続登記などに添付する書類としても活用が可能ですので、手続全体にかかる手間を減らすことができるのです。

相続の際には様々な手続きが必要となるため、遺族に大きな負担がかかってしまうこともあるといいます。家系をしっかりと把握できる状況であれば、そうした負担が軽減されるでしょう。家系図の作成には、自分自身のルーツを親族や子孫にきちんと伝えることができる、というメリットもあります。自分の親やその祖先について知ることは、自分自身について知ることでもあります。

家族とのつながりを再認識させる、きっかけにもなるでしょう。家系図は自分自身で作ることもできますが、作業量が膨大になってしまう場合もあります。このため、行政書士などプロの専門家に依頼をして、作成してもらう方が多い傾向です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です