家系図は自分で作成すると楽しい

家系図というと「お金持ちや歴史のある家にあるもの」と考える人もいるようです。しかし、実際は家系図を自分で作成して保管している家もあり、色々な歴史を感じることが出来ます。作成するのは簡単に自分の親と自分の関係から始めてもいいですし、そこに祖父母や曾祖父母を加えていき、さらに親戚をプラスしていくだけでもすぐに図が出来上がります。そこから少しずつ加えていくことで、「自分だけの家系図」を作成することが出来るだけではなく、それに子供が結婚をしたらその孫など、書き加えていけるというのも良いです。

有名な武家や人気がある著名人などは、長い歴史がある家や家系を持っているから図を作っているのだ、と考える人もいます。実は家系図はその家の主が命じて作らせていることもあるので、正しいものかをきちんと確認しておく必要があるとも言われます。なぜなら、そこに嘘があるとまったく関係のない人を家系に加えてしまうこともあるからです。そうなると困るので、まずは自分で出来るところから始めてみることをお薦めします。

家系図を作成するときには、きちんと作り方を調べておくと良いでしょう。そうしないと、いつの間にかごちゃごちゃになって「ここはどういう関係なのか」と意味が分からなくなってしまいます。実際に作成されたものを参考に、自分の家の家系を書いていくのもお薦めです。簡単なところから始めることで、「楽しい」と感じられるようになったら続けられます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です