家系図を作成したらすぐにチェックする

自分で家系図を作成するのは難しいだろう、と考える人が多いでしょう。しかし、実際に小学生でも家系図を自分で作成してそこにプラスしていく形でそれを作っているのですから、大人でも簡単に作成出来るのは確かです。自分の家系を知っておくと、それぞれでルーツをたどることが出来るので、非常に楽しいと感じることがあります。子供の夏休みの課題にするのも良いですし、自分たちでこれから家族が増えた時ように、と作っておくのもいいでしょう。

家系図を作成するときには事前にどのくらいの紙が必要なのか、またパソコンで作る場合は一度下書きをしておくとスムーズに作ることが出来ます。あれこれと難しく考えず、まずは自分の親と子供、祖父母の関係を書いてみるのもおすすめです。簡単に始められるのに、色々と悩んでしまうのはもったいないです。まずは「自分と親を図にしてみる」だけで大丈夫だです。

家系図は歴史のある武家やお偉い人の家系にしかない、と考える人もいます。ですが、実際は百姓だろうがなんだろうが残している人は残していると言います。なので、家系図をしっかりと書きたいときには親族のこともきちんと調べて、その上で作成していくことが大切です。家系をたどれば意外なところと血の繋がりや関係があることを知ったり、もっと面白いものが出来上がる場合もあります。

もし子供が出来たらその子もその図に加えて書いていき、しっかりと図を続けていくと良いでしょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です