家系図を作成して人生の選択に役立てる

最近は昔に比べて親戚づきあいが少なくなっているため、親族関係がどうなっているかあまりわかっていない人も多いのではないでしょうか。そこで、自分の親族関係を知りたい場合に役立つのが家系図です。親、祖父母、曽祖父母の関係性を図式化したものがあれば、親族との関係性を一目瞭然で知ることが出来ます。直径の繋がりはもちろんですが、複数の系統まで調べて自分のルーツを知れば、その後の人生の選択にも役立てることが出来るでしょう。

家系図の作成には自分で行う方法と専門家に依頼する方法があります。自分で作成する場合は、役所などで戸籍謄本を取り寄せ、その内容を一つ一つ確認しながら紙などに記していきます。また、最近は便利なパソコンソフトなども提供されているため、これらを活用すればさらに楽に家系図を作成することが可能です。一方、専門家に依頼する場合は、行政書士事務所などが運営している代行サービスを利用するのが一般的です。

戸籍情報の読み解きに精通している行政書士なら正確な家系図を期待することが出来ます。また、印刷業者の中にもこのサービスを提供している場合があり、その場合は調べた内容を巻物などに印刷してくれるため、保管性が高く見栄えの良い成果物を期待できるのが魅力です。業者に依頼する場合、料金は1系統10万円程度が相場となっており、系統が増えるにつれて金額も上昇します。範囲を広げれば広げるだけ詳しい家系図にすることが出来ますが、広げすぎると莫大な金額となってしまうため予算に見合った依頼を行うことが大切です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です