デジタル家系図を作成する際に用意したいもの

日本では先祖を大切にする傾向が強く、その代表格ともいえるものが墓石でしょう。家族が同じ墓に入ることで、血縁関係を途絶えさせないという教えもあります。昨今ではその傾向が少しずつ変化をしており、個人一人ひとりの墓を用意されるところも増えました。自分のルーツを知る術を大切にしたいと考える方はいまでも多く、その役に立つのが家系図です。

ここでは既存の家系図をデジタル化にして作成をする際、用意をしたいアイテムについて解説をしていきます。まず家系図は以前だと大きな掛け軸に墨を使って名前を記されていました。上から下に下るというスタイルですが、欧州などでは横書きが主流です。この方法でもいいのですが、和紙を使用することから保存方法がシビアなアイテムです。

いまではパソコンを使用したデジタル家系図というソフトも販売をされており、それを使って作成をしてみましょう。作成時は戸籍謄本を取り寄せるのが基本で、さらに家族の写真も用意をします。以前のスタイルだと名前しか記述ができず、どのような顔の先祖なのかを知る術はありませんでした。しかし、デジタル家系図ならその問題を払拭することができ、名前をクリックすればそれぞれの顔を見ることも可能です。

また、その年代の一族の集合写真を目にすれば、家族の絆をより深めることもできます。戸籍謄本と写真の2つは必ず用意をしておき、スキャナーを使って読み取ることで良い系図を作成することが可能です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です