家系図を作成するのは簡単

家系図というと、ほとんどの人が「名家などの歴史がある家柄」のイメージがあるようです。作成するときには色々とこだわりを持って調べないといけないのか、と考える人もいますが実はすごく簡単です。家系図を考えて紙とペンを用意したら「こんなに簡単なの」と驚きます。自分と親の名前を線で繋ぐだけでも十分なので、そこから家系図を作成していくと良いでしょう。

作成したものに少しずつ加えていくだけで、十分素敵な家系図を作ることが出来ます。よく名家のものは横書きになっていて巻物になっていますが、それにこだわらなくても大丈夫です。作成するときには「こんな風に書きたい」と思うままに書いていくと良いです。楽しみながら書くことで、それは素晴らしい家系の印になります。

欲しいものがあればいろいろと付け加えていくのも良いかもしれませんが、作成出来たものに少しずつ人の名前が加わっていくと「こんなに親戚がいたのか」と驚くこともありますし、意外なところで繋がりを見つける可能性もあるといいます。家系図はこれから先、自分自身に家族や子供が生まれたらさらに書かなければいけない人数が増えていきます。なので、少しずつ紙を増やしていくか、横か縦に長くしていくと良いということです。自分で家族の名前を書いて線で引くだけなので、それを考えたら難しいことは一切ありません。

初心者でも子供でも簡単に作ることが出来るものなので、農家などにも残っているものがあるそうです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です