家系図を作成する目的や上手な作り方について

家系図は自分の家族の系統である家計を図に示した物です。誰が誰とどのような関係にあるかがひと目でわかる作りになっています。相続では配偶者や親子、祖父母や孫などでそれぞれ権利が異なるため、家族の繋がりが分かりやすく示された家系図は便利な存在と言えるでしょう。しかし、家系図そのものは公的な書類ではありません。

戸籍に基づいた家族関係を図解しているだけなので、家系図そのものには何の効力もないことを把握する必要があります。あくまでも人間関係を正しく認識するための参考資料なので取り扱いには十分に注意します。家系図は誰にでも作ることができますが、正しい内容で作成するなら弁護士や行政書士など法律の専門家に任せるのが賢明です。戸籍の取得やそれぞれの関係を明らかにする作業は行政書士なら手慣れているので、素人が作るよりもはるかに効率的で信ぴょう性も高くなります。

戸籍など公的な書類を取得できる権限を持っていることも行政書士を頼るメリットと言えるでしょう。弁護士も法律の専門家ですが、弁護士は裁判に必要な書類を集めたり、依頼人を有利な状況に置くようサポートするのが主な仕事です。行政書士のように書類作成を行うのは本業ではありません。行政書士の業務を兼任する弁護士もいますが、それでも書類作成を専門に行う行政書士の方がより質の高い仕事を期待できると言えるでしょう。

書類作成のプロとして司法書士がいますが、司法書士は財産相続に関する事務仕事の専門職であり、行政書士とは分野が異なるので注意が必要です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です